【ラノベ作品紹介】クロックワーク・プラネット

【書誌情報】

 

タイトルクロックワーク・プラネット
レーベル講談社ラノベ文庫(講談社)
著者榎宮祐・暇名椿
イラスト茨乃
ISBN9784063752939
発売日2013年4月2日

【あらすじ】

 ――唐突だが。世界はとっくに滅亡している。

 死んだ地球のすべてが、時計仕掛けで再現・再構築された世界――
 “時計仕掛けの惑星”。落ちこぼれの高校生・見浦ナオトの家に、ある日突然黒い箱が墜落する。
 中にいたのは――自動人形の少女。

「あんな故障一つで二百年も機能停止を強いられるとは。人類の知能は未だノミの水準さえ超えられずにいるのでしょうか――?」

 榎宮祐×暇奈椿×茨乃が共に紡ぐオーバーホール・ファンタジー!

版元ドットコムより引用

【世界観】

舞台

 舞台は、重力・気候など、星を構成する地球の機能全てが『歯車』によって構成された地球『時計仕掛けの惑星(クロックワーク・プラネット)』。

 ドラマチックなカタルシスストーリーもなく、ただゆっくりと衰退して寿命を迎えた地球を再生させたのは紛れもない、ただ一人の『Y』と呼ばれた技術者と、無数の『歯車』だった——。

 人々は、この無数の『歯車』によって機械化された地球で、何気ない日常を送り続けている。

物語概要

 ある日、機械いじりの好きな少年『三浦ナオト』の家に、巨大な箱が落下する。その中にいたのは、美しい自動人形(オートマタ)の少女『リューズ』だった。

 動作を停止していた彼女の姿・フォルムに一目惚れした機械好きのナオトは、彼の才能である圧倒的な聴力の良さを駆使して、無数にもある彼女を構成する歯車から故障箇所を特定し、数時間程度で彼女を直してしまう。

 その頃、惑星の維持を目的とした国際技術組織『国境なき技師団(マイスターギルド)』に所属する『第一級時計技師』である少女『マリー・ベル・ブレゲ』は、秘書官兼ボディーガードを勤める禿頭の男『ヴァイネイ・ハルター』と共に、京都で発生した重力異常の原因を突き止めるため中心地、大支柱(コア・タワー)へと向かう——。

【おすすめポイント】

1、機械好きな男子の好きなもの全部詰め込みました! な欲張り作品

 本作の目を見張る点と言っては、それはもう著者の趣味がこれでもかと盛り込まれた厨二的SFファンタジーな世界観でしょう。

 こんなにも、作品を読んでわくわくする作品はそうそうないと思います!

 歯車によって構成されている世界の姿や、あまりに魅力的なキャラクターの数々。機械人形(オートマタ)や銃火器。歯車に時計に攻撃ヘリ、武装軍隊などなど——。

 現代の雰囲気を少し残しつつも、確かに異彩を放つ独特な世界の姿に、必ず本作を読了後は魅了されること間違いなしでしょう!

2、共著という形で、二人の違ったベクトルの天才が織りなす物語

 本作は、榎宮祐先生と暇名椿先生の共著である非常に珍しい作品です。

 原作と著者が分かれる作品は稀に見かけるのですが、二人で執筆している作品というものはそうそう見ないと思います。

 その珍しい形態での執筆のためか、こちらの作品は著者それぞれの作風や良さが詰め込まれたハイブリッド的作品に仕上がっています!

 特にこの形の執筆により本作が覚醒した点といえば、キャラクターでしょう。

 

 代表作として『ノーゲーム・ノーライフ』を手がける榎宮先生の描くのは、聴力が優れているというだけのそれ以外は普通の少年『三浦ナオト』。彼の時に素直であり、違うと思ったことは決して曲げようとしない強い信念は、まさに榎宮先生だからこそ描くことのできる天才

 そしてもう一人の天才は、暇名先生の描く、たゆまぬ努力と技術力を備えた天才時計技師『マリー』。彼女の決して諦めようとしない心や神がかり的な技術力は、主人公とはまた違う天才肌を備えている天才であるといえるでしょう。

 

 いかがでしょうか?

 この二人の著者が描いた二人の天才が紡いでいく物語に、可愛くて強い機械人形(オートマタ)の少女や、機械人間なんかがでてくれば、それは面白くないわけがないでしょう!

 ワクワクが止まらない、そんな一冊です!

【好みが分かれるポイント】

4巻で刊行ストップ中……。

 現在本作は4巻まで発売されているのですが、実は本作は、未完のまま2015年発売の4巻を最後に刊行がストップ中で、6年くらい新刊が出ていないのです……。

 著者の榎宮先生の体調不良や、同著者人気作である『ノーゲーム・ノーライフ』の刊行との同時進行などでなかなか続刊を書くのが難しいのかもしれません。

 とはいえ、とても面白い作品には変わりないので、続刊を気長に待ち続けても大丈夫という方におすすめしたいです!

 TVアニメも2017年に放送済ですので、気になるという方は、そちらから作品に触れるのもアリかもしれません!(ちなみにアニメは、原作より若干話がマイルドになっています

【まとめ】

 作品内容評価

ストーリー★★★★★
キャラクター★★★★★
独創性★★
読みやすさ★★★★★

 総合評価

ラノベ初心者おすすめ度★★★★☆
総合評価★★★★★

 一才の文句なし、100億満点です!

 

 初心者おすすめ度こそ、著者特有の設定や世界観がたくさん盛り込まれているため星4にいたしましたが、それ以外は全部満点

 これこそライトノベル! 個人的な忖度なしに面白い作品です!

 

 また、主人公三浦ナオトの思ったことは正直に言ってしまう話し方や、リューズの毒のある話し方は、『ノーゲーム・ノーライフ』を読んでいる方々にとっては榎宮先生らしいと親近感を覚えて、より本作を楽しむことができると思います!

 ぜひ、まだ本作を読んでいない方、『ノゲノラ』ファンの方は、こちらの作品にも触れてみてはいかがでしょうか?

 多くの方々に読んでほしい! そんな作品です!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました