【ラノベ作品紹介】才女のお世話 高嶺の花だらけな名門校で、学院一のお嬢様(生活能力皆無)を陰ながらお世話することになりました

【書誌情報】

タイトル才女のお世話 高嶺の花だらけな名門校で、学院一のお嬢様(生活能力皆無)を
陰ながらお世話することになりました
レーベルHJ文庫(ホビージャパン)
著者坂石遊作
イラストみわべさくら
ISBN9784798624914
発売日2021年5月1日

【著者・イラストレーター紹介】

【著者】坂石遊作 先生

刊行ライトノベル作品

・影の英雄の日常譚(KADOKAWA エンターブレイン【新文芸】)

・最弱無能が玉座へ至る(HJ文庫)

・聖なる騎士の暗黒道(HJ文庫)

【イラスト】みわべさくら 先生

イラスト担当ライトノベル作品

・追放勇者の優雅な生活(スローライフ)(GAノベル【新文芸】)

・隣のキミであたまがいっぱい。(MF文庫J)

・午後九時、ベランダ越しの女神先輩は僕だけのもの(電撃文庫)

【あらすじ】

「私、貴方が欲しい……」
完璧を演じるお嬢様との、お世話から始まる甘々ラブコメ!!

男子高校生・友成伊月は、誘拐に巻き込まれたことが切っ掛けで、日本随一の財閥のお嬢様・此花雛子のお世話係をすることに。
表向きは才色兼備な雛子だが、その正体は生活能力皆無のぐうたら娘だった。
しかし、家の都合で、学院では「完璧なお嬢様」を演じなければならない雛子。そんな彼女を守りたいと思い、甲斐甲斐しく世話を焼く伊月。やがて雛子も伊月に全力で甘えてくるようになって――

「今は……伊月が傍にいない方が、嫌」

ギャップ可愛いお嬢様との主従を越えて始まる恋物語。

版元ドットコムより引用

【おすすめポイント】

1、どこか懐かしさを感じさせる『非日常』系側仕えラブコメ

 最近のネット小説発の書籍化ラブコメ作品の主流と言いますと、いわゆる『日常』を舞台にしたラブコメ作品が多いと思います。

 様々な性格や特徴をもったヒロインはいるものの、そのどれもが等しく『一般人』のヒロイン。

 

 ですが本作は、ただの『一般人』であった主人公が、ひょんなことから大企業の令嬢や跡取り息子の通う名門校『貴皇学院』に通いながら、ヒロインであるお嬢様『此花雛子』のお世話係をするという主人公の『非日常』を描いたラブコメ作品となっています。

 

 こういった巻き込まれ系主人公の作品は、数年前までのライトノベル界隈のラブコメではよくみられた作品だったのですが、最近ではめっきり減っていました。

 まずは、いい意味で今のネット小説らしくないラブコメ作品といえると思います。

 それをふまえまして、本作は数年前のラブコメ作品を彷彿とさせる内容で、とても懐かしく感じました。

 

 同じく『ヒロインのお世話をする』という作品で近しいライトノベル作品といえば、電撃文庫刊行の『さくら荘のペットな彼女』が代表とされるでしょうか?

 

 そういった、学校など人の見える場所では完璧人間を演じるヒロインが、裏ではぐーたら自堕落な人間であるという二面性をもったヒロインが好きな方には、こちらの作品とても楽しめると思います。

(ちなみにブログ主は、二面性ヒロイン大好きなので非常に楽しめました!)

2、ヒロイン全員かわいい(推せる)

 ラブコメなら前提条件といえばそうなのですが、あえて取り上げさせてください。

 

 ヒロイン全員可愛いです。

 といいますか、個人的に好きなヒロインが多すぎる作品でした!(超絶私情)

 

 ますはメインヒロインである、此花雛子

 国内随一の財閥『此花グループ』のお嬢様で、学校や社交場では完璧を演じる一方、実際はポテトチップスが大好きな無気力ぐーたらな怠け者であるという二面性ヒロイン。可愛い

 

 次に、主人公と幼い頃にとある関わりがあった過去のある、大手スポーツ用品メーカーの令嬢、都島成香

 普段は目つきがとても鋭く、学校でも他人を寄せ付けようとしないことから周囲から浮いていたが、実際はただコミュニケーションが苦手な恥ずかしがり屋。だけど、数々の武道を修めているなど、実力は確かなコミュ障系ヒロイン。好き

 

 次に、とある出会いから主人公と関わることになった、『此花グループ』とはライバル関係にある財閥『天王寺グループ』の令嬢、天王寺美麗

 此花雛子とは公私ともにライバル関係にあり、学業成績は雛子に次いで2位。自分に厳しく相手に優しい、そんなTHE・お嬢様といった言動・容姿の金髪ドリル髪少女。好き

 

 最後に、主人公のクラスの同級生で、家電量販店を運営する『ジェーズホールディングス』の令嬢、旭可憐

 誰にでも社交的で、明るいムードメーカー。いい意味でお嬢様らしくなく、親しみやすい庶民派な元気少女。可愛い

 

 

 いかがでしょうか?

 ヒロイン全員が違った方向性で秀でており、学内でも有名で魅力的。そして全員が実際は『一般人』にすぎない主人公の友人という豪華すぎるメンツの友人関係。

 メインヒロインだけではない、学校でも色んな意味で有名人である彼女たちと過ごすちょっと変わった『非日常』を垣間見れるのが本作の魅力の一つです!

【好みが分かれる点】

ストーリーやキャラクターに若干の既視感

 特に作品として気になる点はなかったのですが、しいていえば、独創性は弱いように感じました。

 世界観の設定上、作風として似通ってくるのは仕方がないのかもしれませんが、作品を作る上で著者の方が多少なりとも影響力を受けたであろう作品の雰囲気を色濃く感じます。

  

 

 『さくら荘のペットな彼女』『干物妹!うまるちゃん』)

 

 

 キャラクター周りが、少々似すぎましたね……。

 作品としては面白い。

 面白いのですが、あと一歩、この作品ならではの面白さが欲しい。そう感じる惜しい一作でした。

 

 あとは、もう少し凝ったタイトルだったらなぁ……と(ネット小説発なのでそこは諦め気味)

【まとめ】

 作品内容評価

ストーリー★★★★
キャラクター★★★
独創性★★☆☆
読みやすさ★★★★★

 総合評価

ラノベ初心者おすすめ度★★★★★
総合評価★★★

 ストーリーやキャラクターにはどこか既視感を受けるものの、ヒロイン全員が魅力的でとても楽しんで読むことのできた一冊でした!

 なにより、ヒロインが全員可愛い。メインヒロインも、サブヒロインも、みんな可愛いし魅力的。

 

 可愛すぎ。(率直)

 

 1巻の作品内容としましては、まだまだ序章といった感じでストーリー全体としての進行はそこまでなく、ヒロイン周りの関係性をゆっくりと描いた、地固めのような構成となっていました。

 2巻以降に伏線や踏み込んだ内容は描かれていくものと思います。

 

 読みやすさもさることながら、ストーリーの構成も後半、ページの関係なのか多少駆け足気味だったように感じましたがシリーズ1巻としては申し分ない。そう感じ、『ラノベ初心者おすすめ度』は星5といたしました。

 作品全体の評価といたしましては、作品独自のアピールポイントが欲しかったという私情も加味しまして、『総合評価』は星4とさせていただきました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました